不動産投資の基礎と損得

基礎を理解して賢い不動産投資を

不動産投資の種類や基礎を理解しましょう。不動産投資をざっくり言えば、大家になって家賃収入を得ることであり、収益性の高い物件を運用することが重要となります。収益の形は2種類あり、価値が上がったときに売却して利益を得る「売却益」と、不動産を購入して貸し出すことで継続的な利益を得る「運用益」があります。

また、不動産投資には、大きく分けて2種類あります。1つ目は、マンションを購入して貸し出す「ワンルーム投資」。資金が少なくてすみますが、収益も少なくなります。2つ目は、戸建てやアパートなどの集合住宅を買って貸し出す「一棟買い」。最初の資金が多めに必要になりますが、その分多額の収益が期待できます。初期の費用は、住宅ローンを利用すれば賄うことができます。